スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログ、引っ越ししました!!

4419849016_711b054a57_o.jpg


ブログを久しぶりに引っ越しします!

私がもう1つやっているブログ

「ファシリハ」と統合して、再出発です!!


ブログの内容は、

◯Bridgeについて

◯臨床のはなし

◯プレゼンについて

◯マネジメント・自己研鑽

◯セミナー案内

◯セミナー報告

◯講師の依頼

を分けて、

今後はブログを以下(クリックにてリンク)にお引越しです!

必要とされるセラピストになるために



自分の経験が

少しでも皆様のお役に立てればと思います★


今後とも、どうぞよろしくお願いいたします!!
スポンサーサイト

Link第一期生の方へ。

いよいよLink第一期生、
1回目の開催が来月に迫って来ました★


お約束通り、

宿題


そしてご相談のメールを
参加者の方へお送りしました★

1度メールの確認をお願いします!



ご相談の返事は今週中にお願いします(__)


宿題は、当日までに各自考え、
実践の中でまた考えを深めておいてください★


Linkは実践力を伸ばすための場です。


受け身で教えてもらおうとするより

経験年数なんて
気にせず


あなたが

考えていること

やっていることを

出してください★



分からなければ聴いてください。



アウトプットした方が成長します。


カッコつけず、
泥臭くいきましょう★

10/4(日)寄り添い屋セミナー「関節可動域訓練の基礎 原因の抽出とアプローチ」のご案内

わたくしが勤務する
名古屋の、
キョーワ訪問看護リハビリステーション 寄り添い屋ですが、

名古屋近郊の若いセラピストの方向けのセミナーを開催します★
(別に名古屋近郊でなくても構いません)



申し込みフォームは記事の最後にあります!


【テーマ】
新人さん必見! 自分で考えられるセラピストになろう!
「関節可動域訓練の基礎 原因の抽出とアプローチ」


関節可動域訓練を行っていく中で、
なかなか効果が出ないと感じたことはありませんか?


制限の原因がわからない、
どれくらいの時間ストレッチすればいいのかわからない、
ストレッチ以外の可動域訓練がわからない。


そんな悩みを、一緒に解決しませんか?


【内容】

①可動域制限の原因の抽出の仕方
・基本的な関節の構造
・制限となる組織
・痙性や痛み等による可動域の制限。
・関節の動かし方や触診による原因の抽出

②筋肉のストレッチ
・基本的なストレッチの方法
・筋肉の形状に合わせたストレッチの方法(ヒラメ筋、ハムストリングスを例に)

③靭帯のストレッチ
・基本的なストレッチの方法(足関節、手関節、肘関節を例に)

④ストレッチ以外の筋肉へのアプローチ
・水分のコントロールによる可動域の改善
・神経の反射による可動域の改善


【開催概要】

10/4(日)  10:00〜15:00(9:30〜受け付け開始)

9:30~9:50 受付

10:00~11:00 ①講義
11:00~12:00 ②、③実技

12:00~13:00 昼休み

13:00~14:30 ④実技
14:30~15:00 質疑応答

【会場】

協和ケミカル株式会社 本社ビル6階 
(愛知県名古屋市東区泉2-26-2:地下鉄桜通線「高岳駅」下車1番出口より徒歩3分)



【講師】
佐橋 智仁
 キョーワ訪問看護リハビリステーション 寄り添い屋
 主任理学療法士


定員:30人(先着順)

参加費用:3000円

※可能であればバスタオル、ヨガマットをお持ちください。


お申込みは
↓↓↓

こちらをクリック!!


多くの方のご参加をお待ちしております!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。