未分類の記事 (1/110)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログ、引っ越ししました!!

4419849016_711b054a57_o.jpg


ブログを久しぶりに引っ越しします!

私がもう1つやっているブログ

「ファシリハ」と統合して、再出発です!!


ブログの内容は、

◯Bridgeについて

◯臨床のはなし

◯プレゼンについて

◯マネジメント・自己研鑽

◯セミナー案内

◯セミナー報告

◯講師の依頼

を分けて、

今後はブログを以下(クリックにてリンク)にお引越しです!

必要とされるセラピストになるために



自分の経験が

少しでも皆様のお役に立てればと思います★


今後とも、どうぞよろしくお願いいたします!!
スポンサーサイト

Link第一期生の方へ。

いよいよLink第一期生、
1回目の開催が来月に迫って来ました★


お約束通り、

宿題


そしてご相談のメールを
参加者の方へお送りしました★

1度メールの確認をお願いします!



ご相談の返事は今週中にお願いします(__)


宿題は、当日までに各自考え、
実践の中でまた考えを深めておいてください★


Linkは実践力を伸ばすための場です。


受け身で教えてもらおうとするより

経験年数なんて
気にせず


あなたが

考えていること

やっていることを

出してください★



分からなければ聴いてください。



アウトプットした方が成長します。


カッコつけず、
泥臭くいきましょう★

10/4(日)寄り添い屋セミナー「関節可動域訓練の基礎 原因の抽出とアプローチ」のご案内

わたくしが勤務する
名古屋の、
キョーワ訪問看護リハビリステーション 寄り添い屋ですが、

名古屋近郊の若いセラピストの方向けのセミナーを開催します★
(別に名古屋近郊でなくても構いません)



申し込みフォームは記事の最後にあります!


【テーマ】
新人さん必見! 自分で考えられるセラピストになろう!
「関節可動域訓練の基礎 原因の抽出とアプローチ」


関節可動域訓練を行っていく中で、
なかなか効果が出ないと感じたことはありませんか?


制限の原因がわからない、
どれくらいの時間ストレッチすればいいのかわからない、
ストレッチ以外の可動域訓練がわからない。


そんな悩みを、一緒に解決しませんか?


【内容】

①可動域制限の原因の抽出の仕方
・基本的な関節の構造
・制限となる組織
・痙性や痛み等による可動域の制限。
・関節の動かし方や触診による原因の抽出

②筋肉のストレッチ
・基本的なストレッチの方法
・筋肉の形状に合わせたストレッチの方法(ヒラメ筋、ハムストリングスを例に)

③靭帯のストレッチ
・基本的なストレッチの方法(足関節、手関節、肘関節を例に)

④ストレッチ以外の筋肉へのアプローチ
・水分のコントロールによる可動域の改善
・神経の反射による可動域の改善


【開催概要】

10/4(日)  10:00〜15:00(9:30〜受け付け開始)

9:30~9:50 受付

10:00~11:00 ①講義
11:00~12:00 ②、③実技

12:00~13:00 昼休み

13:00~14:30 ④実技
14:30~15:00 質疑応答

【会場】

協和ケミカル株式会社 本社ビル6階 
(愛知県名古屋市東区泉2-26-2:地下鉄桜通線「高岳駅」下車1番出口より徒歩3分)



【講師】
佐橋 智仁
 キョーワ訪問看護リハビリステーション 寄り添い屋
 主任理学療法士


定員:30人(先着順)

参加費用:3000円

※可能であればバスタオル、ヨガマットをお持ちください。


お申込みは
↓↓↓

こちらをクリック!!


多くの方のご参加をお待ちしております!!

10/18 緊急開催決定!!

脳血管の治療で悩まれている方、
運動器疾患での痛みが取れず悩まれている方、
バランスの改善方法で悩まれている方、
摂食嚥下分野で多方面からのアプローチをしたい方などにおすすめです!


ご好評につき、前回3月に講師をして頂いた瀬戸貴史先生に、


10月18日(日)に新しい分野でのセミナーを開催していただくことになりました。
このセミナーでは脳卒中や運動器疾患、摂食嚥下分野など幅広い分野での治療に対応可能となります。



【テーマ】

脳卒中から運動器など、全てに対応できる!頭蓋・脊柱から診る身体バランス調整法


お申込みは

↓↓↓

お申込みはこちらをクリック(申し込みフォームが開きます)



【講師】瀬戸貴史氏

11866256_399022120298398_8980320003162244911_n.jpg



【目的・意義】
身体のバランスを整えるためには、足部や下肢のアライメントはもちろんの事、身体の土台となる骨盤や脊柱を整えることは、最近では当たり前のようになっていています。

それは、身体では、一番大切な『脳』を一番不安定な高い場所に置いているからです。

頭蓋の重さを支えつつ、身体の安定性を保つために必要となってくるのが、
土台である骨盤と、下肢から入ってくる床反力という衝撃を、脊柱がS字状のカーブを描くことによって吸収し、身体の安定性を得ています。


しかし、一番不安定な場所にある頭蓋のことを考えたことはありますでしょうか?


頭蓋骨の重さは、成人平均で約6350gあります。2リットルのペットボトル3本分に相当しています。
これを支えているのが頸椎であり、脊柱です。

このことからわかるように、頭蓋骨の重心位置が変わることによって、容易に全身のバランス状態が変わってきます。


そのことを無視して、身体のバランスを整えようとすると、さらにどこかに歪みを作ってしまい、結果、その部位に痛みを生じたり、内臓機能の低下を招くこととなります。


今回、頭蓋を含めた身体のバランスを整えることで、より安定性を持った身体の構築方法をお伝えします。


【内容】
頭蓋アライメントの評価と調整
脊柱の評価と調整
骨盤の評価と調整
足根骨の評価と調整


【どういった変化がみられるのか】
片脚立位保持が安定することで、立脚期がより安定していくので、歩行時の安全性が向上していきやすくなる
脊柱アライメントが整うことで、椎間孔から出る神経圧迫を改善させ、筋出力が向上してくる。
骨盤・脊柱・頭蓋が整うことで座位バランスが安定する。
身体軸が崩れることで発生する痛みが改善してくる。




【日時】
平成27年10月18日(日)
10:00-16:00(受付9:30)



【会場】
刈谷市産業振興センター 505会議室

※当初の会場より変更されましたので、ご注意ください。

【アクセス】
JR野田新町駅(南口)から徒歩15分
公共施設連絡バス 東刈谷線・小垣江線 「たんぽぽ」バス停下車




【受講料】
10,000円
9/18までにお申込みの方は、早割2,000円引きで8,000円と更にお得です!!


お申込みは

↓↓↓

お申込みはこちらをクリック(申し込みフォームが開きます)

9.6 またあほなことします。

まずはこれを御覧ください★

9.6Bridge 予告動画(クリックするとyoutubeで見られます)



ご興味を持たれた方、参加してみたくなった方は

こちらからお願いします!!!
↓↓↓

9.6Bridge詳細・申し込み
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。