スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2/28勉強会の自分のテーマ

目標が具体的かどうか。
ちょっとしたことだが、
ここが成功する人と
しない人との決定的な差だ。
          
     柳井正(ユニクロ社長)



もう2月になります。一か月でスライドを作らねば…

すでに20名程度の先生のご連絡を頂いております。
このペースならキャンセル待ちにはならない気がしますが。

もし参加を考えている先生はお早めにご連絡を☆



自分は何をやろうかなぁ…と思い
せっかくなら参加する先生の知りたいことをやろう

ということで
Bridgeで講師やシンポジストになった先生に

どんなことが聞きたい?

なんてことを聞きながら

そして今回も
後輩の3年目PTのポニョ先生に
講師をお願いして

ポニョ先生が

Core

をテーマに話すとのことなので

自分は
ポニョ先生の
Coreを基盤として


運動学習と姿勢制御
 Motor Learning & Postural control



というテーマで話そうかと思います。

また意味もなく英語にしましたが…(笑)
かっこつけなもんで。

たぶんポニョ先生が
体幹の機能やら役割
という部分を中心に話してくれると信じて


そこから自分は
いかにそれを臨床のアプローチで活かしていくか
という部分に発展させられるといいな
と思っています。

基本あっての発展ですからね★

基礎があるから触れた時に変化が分かるんでしょうし
どこに触れるべきか、どこの変化を見るべきか
という評価する部分も見えてきます

さらに臨床では
患者さんの抱えている
問題(ADLを制限している根本的な問題)
として体幹機能を捉えないといけません

臥位での腹筋の機能をみるだけじゃ足りません
日常の動作の中で
体幹の機能低下により
どんなADLが制限され、退院を阻害しているか
を考えないといけません。

女性では(男性でも)腹筋なんてできない人はいます

でも普通に生活している人はたくさんいます。

筋力、を基準に考えるから
患者さんが実際に抱えている問題がみつからないんです

これは1月の勉強会でお話しましたね★


ということでまずは動作の基盤となる
姿勢制御について、

そしてその姿勢制御を
いかに患者さんに学習してもらい
日常生活における
いわゆるバランス能力を高め
自立につなげていくために

何が必要なのか

またディスカッションを交えて
一緒に考えていければ、と思っています♪
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。