スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

多くのご参加ありがとうございました

小説を研究しても
小説家になれないように、
成功を研究しても
成功は手に入らない。
          
       デイル・ドーテン(作家)


日曜日の勉強会、40名程度の多くのご参加
本当にありがとうございました。

講師の先生方も無理なお願いを
快く引き受けて頂きありがとうございました。


初めのお言葉を借りて
自分なりに修正しますと、

講師の先生がまとめた話しを聞いて
(頭で理解したとしても)
講師と同じ技術は手に入らない

ということですね。


今回の講義はすごく内容的にまとまっていて
講師の先生方も参加者のレベルに合わせ
分かりやすいレベル、内容を
設定していたように思いました。


でもいざ実技になると………

どうしたらいいか分からない…

相手の身体を触って
何を感じたらいいのか分からない…

何をしようとしているのかさえ分からない…


なんてことになってしまう先生方も多かったのでは
ないでしょうか?

そんなもんです。


講師の先生は臨床的に
講義で話した内容をいかに患者さんに活用できるか

を常々考えているような
先生ばかりです。

捉え方は違えど
身体をどう動かしたらいいのか?
動かす時にどんなことを気をつけたらいいのか?
どんな風に動かしたら
バイオメカ的にも、脳の情報処理的にも良いのか?

なんてことを考えているのだと思います。

だからこそ自分の講義以外の
実技の場面でも
それこそ体幹であれ、下肢であれ、上肢であれ、
すぐに対応してデモンストレーションができるのだと思います。

そこには基本的な知識は不可欠でしょうし、
そこからその場面で、被検者の状態を
その場で評価し、どうしたらいいか戦略を立て、
デモをしているように思います。


変化が出ていることを見よう見真似で
やっても効果が出ないのはそのためかもしれません。

若い先生は真似の中から
何かを見つける、というのももちろん大事ですが…


知識はそれこそ本やネットなどで簡単に手に入れられます。

でもそれを自分の技術にするには
自分の努力や試行錯誤しかありません。

ただ、それをやるかやらないか
だと思います。

特に急性期、回復期では
患者さんの自然回復が多分に存在する中で
自分が治せた気になって
あぐらを書いているのであれば
その中で努力している先生と
差が出てくるのは当然の話しでしょう。

忙しい、を理由にやらないのは簡単です。

今日テレビで小児医師のスーパードクターが出ていましたが
40歳で世界的権威だそうです。

その先生はNICUで36時間勤務などもして
その中でも海外の論文を出したりしているようです。

その先生のがよっぽど忙しいでしょうに、
何て思ってしまいます。


やれない理由を考えるよりも
どうしたら勉強なりをやれるか、
を追求できるといいな、なんて思います。

もう今年度も終わります。
また来月には新しい後輩ができます。

信頼される先輩になって下さい。
自分の信頼している先輩が
どのように努力しているのか、を見て下さい。
自分に何が足りないのか、を考えて下さい。
逆に自分があまり信頼していない先輩から
なんであんまり頼りにしないんだろう?
って部分を考えてみて下さい。


自分は信頼される先輩なんでしょうか?
それこそ
患者さんから信頼されるセラピストになっていますか?

自分もですが
たまには振り返ってみるのもいいかもしれませんね。


3月は個人的な都合もありまして、
開催は未定です。

4月からは若い先生を中心にお話ししてもらえたら
と思っています。

何人かの先生には少しずつ話しを振っていきます(笑)

関連記事
スポンサーサイト

コメント

Yu Takadaさん

reha1175さんのご友人の方でしょうか?
はじめまして、Bridgeの管理人です。

あまり名前を出す気がないので、
名前は伏せときますが(笑)
みんなで勉強会などしてるみたいですね。

学生時代からそんなことができる
メンバー、素晴らしいと思います。

Bridgeにはいつでもご参加下さい
一緒に色々臨床について
悩めたらと思います。
reha1175さん:

国家試験合格予定?!
おめでとうございます★

4月からは
理学療法士として
突っ走って下さい♪

白衣を着れば、
患者さんにとっては
新人でも
20年目でも、
同じ先生です。

患者さんはセラピストを
選べません。

どんなリハビリが良いのか、
も分かりません。

患者さんによって
リハに期待していることも
違います。

リハビリの主役は
患者さんです。

患者さんを引き立たせるための
セラピストの知識や技術です。

なんて管理人は思います。

偉そうにすいません(笑)

一緒に悩んでいきましょう★
いつも見させて頂いております。
こんばんは。はじめまして。
reha1175とともに私たちなりの展開で励んでおります。
高田と申します。

私も来年度から
自らの理学療法の道を開拓していきます。
おそらく理学療法士という
自らの足で歩くための手段を得られますので
その足でしっかりと歩みを進めたいと思っています。

では失礼致します。
来年から
自分も管理人さんと同じ世界へ足を踏み込みます。

“やれない理由を考えるよりも
どうしたら勉強なりをやれるか”

“やるかやらないか”

こういった建設的な考え方ってすごく大事ですよね!

今はグライダーセラピストでも、

飛行機セラピストになれるように先輩方の姿を参考にしながら頑張っていきます!!

管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。