スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3月勉強会 詳細

型をしっかり覚えた後に、
型破りになれる。
        
     中村勘九郎(歌舞伎役者)


3月”Bridge”三河っ子勉強会

3・29(日)
開始 9:30  終了 16:00
(開始時間がいつもより早めです!!)

場所 刈谷市民会館 204会議室

参加費:500円

★上半身はできるだけ実技がしやすい格好の方が良いです
★解剖学・運動学の本があると便利です。

★肩の部分はさらっと予習しといてください。
 ↓
*解剖・運動の教科書に載っている部分を
 話しているのは時間がもったいない…
 と思っています。菱形筋はどこにある?
 なんてのは聞かれても教科書見てください…
 としかいえませんので…
 大事なのはその基礎を活かしてどう臨床に
 活かしていくのか?
 どう臨床で考えていくのか?
 という部分だと思いますので!

内容は
自分が”shoulder”と題しまして、
今回からのシリーズと考えている
「機能解剖」がなぜ必要なのか?
肩・肩甲骨とは何なのか?
そんな役割を果たすために存在するのか?
そして実際の臨床では
患者さんの身体を動かすための
「関節運動」を基礎と、
おまけとして、
筋膜がヒトの身体にとって
どんな役割を持っているのか?

を簡単に簡単にまとめて話します。
今回は前座のつもりなので、
さらっとお話しして、
今回講義をしてくれる3人の先生方に
各論はお話ししてもらおうと思っています。

3人には
・肩の機能解剖と臨床にどう活かすか
・2症例を通して肩についてどう考えていくか

をお話ししていただきます★


最初のお言葉にもあるように、
基本あってのオリジナリティです。

また4月からは新しい後輩がそれぞれの病院・施設に
入ってきます。

少しでも良い先輩になりましょう(笑)
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。