スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フラットぷらっと終了★

何もないところからは直感は出てこない
直感は蓄積した知と体験が
組み合わさった上に出てくるものだ

   福原義春(資生堂名誉会長)



全国の勉強会が一同に集まるフラットぷらっと

恐れ多くも発表してきました★

今回声をかけてくれた大会長、本当にありがとうございました!!



「整形疾患における脳科学の臨床応用
 ~痛みと運動制御~」
です。

今回も、ご希望の方にはスライドをお渡しします☆
希望の方は
ブログ横の管理人にメールより、
フラぷらのスライド頂戴!とメール下さい☆
*もし実際の発表を聞いた先生がみえましたら、感想やご意見なども一緒に書いて頂けると幸いです。



整形領域に関わる先生が多い中、
自分は脳科学・心理学を踏まえた
整形領域の痛みと運動学習、を
テーマにお話しさせてもらいました。


発表後、10名程度の先生からも
ご質問や意見を頂き、
何かしら、整形領域の先生方にも
脳科学であったり、認知・情動面からも

痛みや整形疾患の運動学習を考える

という視点が伝わったのかな?なんて勝手に思っています。


しかしまぁ、みんな本当に熱かったです★

様々な勉強会を立ち上げてる先生方とお話させてもらいましたが皆さん、30代半ばでそれぞれの病院などで部長、科長クラスの先生が多かったです。

それでも全然、謙虚でそして臨床であったり、
周りのメンバーと成長したい、そして自分も成長したい、

という思いが強い先生方でした。


だから人が自然に集まってくるんだな、なんて思います☆

10月のシンポジストをお願いした

ENERGY
ASRIN

の代表の先生にもご挨拶しました!!
本当に二人とも人柄の良い先生で、
10月がさらに楽しくなってきました★



また今回ランチョンセミナーで講師をされた
もうそれはそれは股関節OA領域では有名な

京都大学の建内先生に…

懇親会でお会いした際、ご挨拶に伺うと
全国学会で質問したことを覚えていてくださって

「もし機会があったら僕の勉強会で講演してもらえませんか?」

とダメ元で言ったら
「予定さえあれば是非★今年中は難しいですけど早めに連絡もらえれば」

とのことだったので

来年中には開催します!!!


言ってみるもんです(笑)




まぁそんなこんなで色々な出会いやら、刺激やらあり

自分なりに
このBridgeのあり方を考えてみました。

といっても
まぁ自分主体でやる…

という今までのスタイルで行こう

という結論ですけど(笑)



基本的にはこの勉強会を大きくするつもりはないですし、

外部講師の先生を呼ぶことは
特に若い先生にとっては、
非常にいいことだと思います。

やっぱり、臨床や研究の最前線にいる方の話しを聞くことは勉強になります。


ただ、外部講師の先生を呼んで講義を聞いても、結局レベルアップするためには個人個人の毎日の臨床での悩み、考えながら実践する能力が問われるので。

そう思うと、この地域にいるセラピスト同士でレベルアップをしないといけないですし、レベルアップをするためにはやはり自分たちがアウトプットできる場でないといけないと感じるからです。

アウトプットは別に発表すること、だけじゃありません。

ディスカッションや実技の中で
実際にお互い話し合ったり、悩みあったり、感じ合ったりすることが大切だと思います。


先ほど名前を出した建内先生も今日のランチョンでは
もちろん研究は大事だけど、臨床では感性も非常に大切だ。

と言っていました。

本当に第一線にいる先生でも
やはり臨床においては
セラピストそれぞれが感じること、の大切さを仰っていました。



Bridgeでも、最近は知識だけでなく臨床応用できることを重視しています。
このブログなり、自分のフェイスブックをご覧の方は分かると思いますが。


Bridgeは仲良しクラブじゃありません。


一時、ポロシャツとか作ろうかと思ったりしましたが、
まぁでかくする気ないし、いいかなんて思い辞めました(笑)

そして別に何か一つのものに向かっていく、という
明確な目標がなくてもいいのかな、なんて思っています。

患者さん、セラピストに色々な人生観とか考え方があって
機能解剖や脳科学や心理学や現象学やら色々な視点があって


何が患者さんを良くすることなのか?
より良い人生を送る、ということなのか?

が考えられればいいな、くらいにしか思っていません。


リハビリの目標であれ
患者さんの変化であれ
多様性を認めることが大事なんだと思います。


もちろん、自分はPTなので
実際の運動や行動に結び付く必要はあると思っていますが。


あとは実技のアシスタントができる先生が増えてくれるといいな、
自分なりの考え方で実際のアプローチができる先生が増えてくれるといいな

なんて思っています。


まぁ一緒に頑張りましょう★

これからもよろしくお願いします。
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。