スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年も終わりですね。

他人と比較して、他人が自分より優れていたとしても、
それは恥ではない。

しかし、去年の自分より今年の自分が優れていないのは大いなる恥だ。


                  ラポック


今年もあと数時間ですね。


今年のBridge&管理人の動向は

1/15
 管理人のクリニカルリーズニングとアプローチ

2/20
 ASRINでの講演「体幹と姿勢制御」

5/20
 移乗動作の観察とアプローチ
 代償を考える

9/22
 セラピストのための脳祭り

12/9
 一宮での講演「感覚障害」


今年はいつもより少なめでしたかね。

今年は一番下の3人目の子どもが1歳になり、

嫁が仕事復帰したこともあり、
なかなか無理をいえない状況なのもありましたね★

それもこれだけやらしてもらってありがたいです★

来年度からは、
毎月やっていいよと言ってくれていますので
今年以上に気合をいれます!!



今年は4月に職場を移りました。

本当に若いながら良いメンバーと職場に恵まれ、

自由にやらせてもらっています。


自分のペースも掴めてきたので
今年以上に
後輩の教育や
病棟との連携
リハ時間以外の患者の取り組みなど

もっと動いていこうと思います☆


家族を安心して入院させられる病院、にしたいですし

家族が何らかの障害を負った時に
担当して欲しいようなセラピストになれるように
今後も精進していきたいと思います★


Bridgeを通して本当に多くのセラピストの出会いがありました。

次回の1月の生野先生、3月の建内先生も

Bridgeをやっていなければ
一生関わることがなかったかもしれません。

脳祭りの講師の
坪井くん、佐野くんとの出会いも
本当に大きいですね。


自分より若いセラピストで
素直に負けを認められる、くらい
努力もしていますし、
それをアウトプットし、
形にしているセラピストです。

脳の知識では今後も敵わないでしょう…

もちろん勉強はしていきますが。


Bridgeを通じて
多くの病院や施設のセラピストが
共にディスカッションや実技をし、
自分の職場以外の
臨床の考え方や実技のレベルを痛感し、

若くてもこんなにすごい奴がいるんだ
若くてもこんなに頑張っている奴がいるんだ

なんて刺激になって

相乗効果で

この地域でBridgeに来てくれたセラピストの
レベルが上がってくれれば
嬉しい限りです。


多分、自分はその入口を作っているにすぎません。

自分の考えは自分だけのものです。


それが世の中で一番良い考えだとは思っていません。

だけど自分の中で今できる
一番良い考えです。

知識だけを
臨床に無理やり当てはめながら
臨床を過ごし、

それで変わらない患者さんに

なんで良くならないのか?
何が足らないのか?

を考えた結果、行き着いているのが
今の考えです。


基本は

患者さんの立場に立とうとすること


それだけです。


そうは言ってもどうしたらいいか分からない

知識をどうゆう形で臨床に活かすのか?


といった
自分が若い頃に困っていたことを

Bridgeに参加された方が
少しでも解決できる役に立てれば
幸いです。


今年のBridgeに参加された多くの方々、
職場で支えてくれたスタッフの方々、

今年一年本当にありがとうございました。


来年は今年以上に臨床力を高められるための
評価・実技など実践形式中心の内容に
シフトしていきます。


ではでは皆様よいお年を!

そして来年からもよろしくお願いいたします。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

名医 麻生泰です
わかります!

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。