スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寝返り・起き上がりの勉強会を終えて:資料希望の方へ

本日は20名と少人数での勉強会でした。

先月の700名の前に比べたら、楽だと思うでしょう?!

そうでもないんですよ…

少人数の方が、皆さんの表情や反応が直に見えるので
こちらの方が、ある意味プレッシャーを感じます。


では忘れてしまう前に、

参加された方で管理人のスライドが欲しい方へ!


****資料希望の方****
・ブログ左の管理人にメールより
・メール:必ずパソコンのメールアドレスを記載
・件名:講義資料希望
・本文:氏名と昨日の勉強会の感想を書いて下さい

**************

スライドをお送りするまでに1週間ほどかかるかもしれません。気長にお待ちください(__)

20人、これくらいが自分も皆さんとそれぞれに関わることができ最適な人数かもしれません。

あとはグループをまとめてくれる中堅メンバーの参加によっても変わりますが。

ということで
10/13の勉強会の定員を当初50名にしていましたが、

30名に減らします

できるだけ参加された方個別に関われるようにしたいので。
(参加される頼れる中堅メンバーの参加率によって増減するかもしれませんが)

現在10名ほどの方から参加の申し込みを頂いています。
もし参加しよっかな、と思ってる方は
後からキャンセル(できれば分かり次第早めに教えて欲しいですが)も
構いませんので、申し込みをお願いします。



6時間半(休憩1時間)の長丁場、皆さんお付き合い本当にありがとうございました。

講義60分
実技60分
休憩60分
講義30分
実技60分
デモ60分
実技60分

くらいでしたかね。

今回は経験年数がばらけるようにグループ分けしました。
各グループの4〜7年目のセラピストが
上手くグループをまとめ、実技も進めてくれました。

本当に楽でした、私(笑)


いつもこのくらいの年代のメンバーがいてくれると助かりますが…。

今日のグループのまとめ役のメンバーは
それぞれ自分の考えを持ち、
急な振りにも対応してくれる力のあるメンバーでした。

1,2年目の頃からBridgeに来てくれてる人もいますが、
本当に成長してます。

数年前はオドオドしてたり、発表をお願いすると胃が痛くなりながらも頑張ってくれた人もいました(笑)

それが今は若い子に何とか伝えようと、そして実技で変えようと努力してくれています。


それが自分にとって良い刺激になります。まだ追いつかれないように頑張ろうと…(笑)
もう抜かれてたりしますが…。


今日は若いセラピストの方も沢山参加して頂きました。
初めての方も多くいました。

いかがでしたでしょうか?

また是非、素直な感想を送って頂けるとありがたいです。

今日は寝返り、起き上がりと
毎日実際には行う動作ながらも
リハのメインにはなりにくい部分をテーマに講義、実技をしました。

今日の講義が答えではありません。

それは実技で伝わったかと思います。

講義を聞いて、
バイオメカ的なポイントもお話した上で
実技にいきました。


上手くいかなかったでしょ(笑)?


そんなもんです。


知識と実践能力はイコールではありません。

この辺は毎度、ブログでも勉強会でも話しているので割愛します(笑)
ご興味のある方はブログをさかのぼってくださいませ。



そして
今日は久しぶりに
皆さんの目の前でデモンストレーションを行いました。

これが一番緊張するんです。

被験者の方には午前中には目星をつけてましたが、
実際触ると見てた印象と違ったり、
午前中にグループでの実技でもグループ内で
被験者をしていたため、
寝返り・起き上がりのパターンが変化していたので

テンパリながらやってました(笑)


そしてできるだけ
若い方にも分かりやすいように、
そして変化の捉え所、観察の仕方をお伝えするよう意識して行いました。

自分はどんな風に観ているか
患者さんの言葉から何を考えるのか

観察・仮説・検証のプロセスが少しでも明確に
そして評価の中でどう仮説を検証するか
を沢山お見せできたかと思います。

眠くなってきた…(笑)

では皆さん、最後までお付き合い本当にありがとうございました!!
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。