スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4月Bridgeに参加された方の感想とお返事ーその2

昨日の勉強会のご感想を何件か頂いております。
ありがとうございます。

数名まとめてスライドをお送りしますので、
もう数日お待ちください。

まだの方は昨日のブログ記事を参考にスライド希望のご連絡をお待ちしております。


では本日も
参加者の方からの
ご質問に自分なりの考えをお答えしようと思います。


実技でもあったステップ訓練を実施しても、なかなか実際の歩行に汎化されにくいケースの場合は、管理人さんはどのように介入されていますか。
(自分の場合は、まずステップ訓練等で準備してから、歩行訓練の際に目的とする筋を促通させるように促したり、各phaseでのアライメントを考慮しながら誘導したりして改善に努めています。)




昨日は歩行における麻痺側下肢でのMid Stance〜Pre Swingにおける股関節伸展・足背屈での前進運動とそれに伴う非麻痺側の振り出し(ステップ)での誘導の方法を提示しました。

ご質問頂いた方のイメージしている患者さんの臨床像が私自身分からないので、自分の経験したことなどから自分のイメージでお話していきます。

立位での非麻痺側ステップ(麻痺側の単脚支持)訓練では何かしら良い反応が出たとします。
じゃあ、歩いてみましょう…とした時にさっきできたことが出来なくなってしまう、戻ってしまう。

自分もよく経験します。


昨日も話しましたが、

そのステップ訓練において、

患者さんは
何を経験したのでしょうか?
何を成功としていたのでしょうか?
何に一生懸命だったのでしょうか?

そしてその課題の目的を理解していたのでしょうか?

セラピストは説明したのでしょうか?

そしてその課題を通じての目的は
患者さんが歩行において困っていることを解決するための目的になっていたのでしょうか?

麻痺側下肢の立脚で股関節屈曲位のまま反対側のステップが出てしまう。
見かけ上ではお尻が引けたままの歩行。

セラピストは麻痺側の下肢へのアプローチをしたい、と考えたとします。

でも患者さん自身はどうなんでしょうか?

じゃあ今から「非麻痺側(良い方)の下肢を前に出す練習をします」

と伝えれば

患者さんのステップ課題での目的は
「麻痺側下肢で単脚支持でのバランスを保つ+股・足関節での前進運動」
ではなく
「(麻痺側はどうあれ)非麻痺側の足を前に出せば良い」

という解釈になっていることもあるかもしれません。

セラピストと患者さんの目的がズレればそもそも、患者さんがその課題で意識することは
本来の問題点を改善すべき部分ではないこともあるかもしれません。

あとは課題の難易度ですね。

非麻痺側のステップが上手くいかない、麻痺側下肢での単脚支持がお尻が引けた状態になってしまう。

それが麻痺側下肢での単脚支持をしようとすると
以前に膝折れをしたり、すごく不安定で転びそうな経験をしていたとすると
やはり恐怖感や不安から思い切って骨盤を麻痺側の足底の上に乗せる事自体を
避けようとするかもしれません。

その場合にはステップ以前に、少し体重をかけても大丈夫、ということを経験できる課題を設ける必要があるかもしれません。


自分の勉強会に限らず、
様々な治療法や理論の勉強会が世の中では溢れています。

そんな研修会に出て、習ったことをそのままやるとします。

もちろん、上手くいくこともあるかと思いますが、
ご相談してくださった方のように
いざ動作となると…ということも自分は多く経験します。



とある課題が上手くできたのに、いざ動作となると上手くできない。


それは動作に活かせなかった患者さんが悪いのではなく、

動作に活かせないような課題を提示したこちらが悪いと思います。

また昨日の実技のように同じ課題であっても
こちらの声かけの仕方やタッチによる刺激や誘導の仕方によっても
受け手の経験は大きく異なります。

ステップ動作を例に挙げれば

セラピストは
ステップ動作を通じて
患者さんの歩行に対するニードをどう改善したいのか?
を明確にしていくことが大切だと思いますし、

そのニードの改善のためにステップ動作が
1番良いアプローチなのか?を考える必要もあります。


同じ課題で、上手く歩行につながる方とつながらない方がいます。

それは同じようなことをしても、
その目的や達成方法・戦略は人それぞれ異なるからです。

同じ課題でも
その人に合わせて工夫をする。

難易度や声かけ、介助・誘導する部分
意識してもらう部分
成功と失敗の判定基準(それも患者自身で認識できるもので)

は異なります。


課題の変化が動作につながらなかった時、
それはその課題に工夫が必要なサインかもしれません。
他の課題に変更すべきサインなのかもしれません。
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。