スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6,7月のbridgeの開催予定:ケーススタディ2連発

今後のbridgeの開催予定です

6,7月はケーススタディです★
参加受付方法は記事の下にあります!!


ケーススタディpart 1
6/14(土)

刈谷市中央生涯学習センター  503研修室


脳卒中片麻痺症例のケーススタディ:

テーマ

片麻痺症例の立ち上がりと歩行を考える
講師:スギトマコトPT(ブログ:リハビリテーションの現場から

臨床上、多く関わることのある立ち上がりと歩行…ADLの向上には必要不可欠であり、そうでありながらもなかなか難渋するケースも少なくありません。
どうしたら上手く立てるのか?代償を許してもいいのか?

実際の臨床場面ではどのような評価、判定基準で立ち上がりや歩行の良し悪しを考え、
そしてどのようにアプローチを考え、実践していくのか?

少人数でできるだけグループディスカッションや動作分析、実技を中心に進めていこうと思います★




ケーススタディpart 2
7/5(土)

ケーススタディ:片麻痺患者の予後予測と治療介入を考える(仮)
講師:加藤勇気PT(河村病院)

入院後から数日、週数間おきにとった動画を見ながら
各時期にどのように評価し、発症との経過や患者さんの状況・能力をみなで評価・議論しながら
ゴールやアプローチを考え、実技も交えながら考えていきたいと思います。



会場はいつもの刈谷市中央生涯学習センターです。

両日とも参加は先着30名程度。


いずれも若手のセラピストに症例を提示してもらう予定です。

AMは症例提示とともに、あるテーマにそってグループでのディスカッションと実際に臨床でどうしていくか、似たような症例においての各セラピストの経験談を共有すること、そしてお互いに実技を通して、実践能力を高めることを目標に行っていきます。

PMは管理人が内容ディスカッションから生まれた意見についての考察や補足を行い、グループでの実技を中心に行っていきます。


グループディスカッション…というと何も言えなかったらどうしよう…と不安に思う方もいらっしゃると思います。
そんな方は周りのセラピストの意見を聞くだけでも結構です。
必ずグループにはしゃべりたがりな方が必ずいますし、
どんなことでも質問すれば誰かが一緒に考えてくれますよ!




【参加の受付方法】

ブログ左上の「管理人にメール」より

件名:6月または7月 Bridge参加希望

と書いて、

本文に
・氏名(ヨミガナ)
・職種
・経験年数(○年目)
・所属

★メールアドレスはパソコンのアドレスでの登録をお願いします!
(エラーになり受付のメールが届かない場合があります)

を記載し送信して下さい!!
(複数名の記載も可能です)

今回も先着順とさせて頂きます。

参加の受付の返信メールは
数日分まとめて行うため、
数日空くこともありますが、
ご了承下さい。
**********


ご参加お待ちしております★
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。