スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5月Bridge「心」終わりました…

昨日は50名を越える方々の参加、誠にありがとうございました。

では、お約束通り…


本日ご参加された方で
資料をご希望の方は…


****資料希望の方****
・ブログ左の管理人にメールより
・メール:必ずパソコンのメールアドレスを記載
・件名:5月Bridge資料希望
・本文:氏名と勉強会の感想を書いて下さい

**************


ありがたくも、勉強会を終わった直後からこのブログを書くまでにも、
10名ほどの方が感想をメールしてくださいました。

メールを送信いたしましたので、
メール到着より3日以内にダウンロードしてください★


心と脳

心と行動

この2つをテーマに坪井PT、小松が話させてもらいました。


感想をくれた方の何名かが、行動応用分析に興味をもったのですが、
どんな本を見たらいいですか?とありましたので、

自分が読んだ本の中で読みやすかったものを下に書いておきます。




とは言っても私は大学で行動分析を学んだわけではなく(私は教育大学を中退して、PTの専門学校に行きました)、
ただただ勝手に興味と臨床で感じたこと、悩んだことを解決したくて、臨床をベースに考え、また色んな本やらネットやらを探しているうちに行動分析に出会っただけです。

だから解釈も自分の都合の良いように解釈をしている可能性が高いですし、本当に学んでいる人から見ればものすごく薄っぺらいことを言っているかもしれません。


………でもそう言ってしまうと何でも同じですよね。

解剖学の勉強をしても、脳科学の勉強をしても、心を勉強しても、
その本や論文を読んだり研修を受けても、
その内容の理解や解釈は、結局の所、読み手次第なんです。


読み手や勉強会の参加者…

同じ本を読んでも、同じ勉強会に出ても

感じること
学んだこと
次の日からできること

は皆違います。


ってゆうことを昨日の勉強会で話した2人も言ってましたね(笑)


心があるから個性がある

同じ事象でもそれぞれの人にとって意味付けは違う


でもそれぞれ違う、ということを

リハビリの効果が出ないことの理由付けにするのは間違っているんじゃないか?

その個性を知り、どう関わることがその人にとって良いのか

それを考えるきっかけになれば幸いです。


また次回のブログで、皆様の感想や質問などにお答えしていければと思います★

昨日来て頂いた皆様、本当にありがとうございました。


関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。