スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミニ勉強会

われわれが理解しないことは制御しがたい。

           ゲーテ 「格言と反省」


昨日、仕事が終わってから、前回講師をしてもらったI先生とI先生の病院のセラピストとミニ勉強会をやりました。

仕事後I先生の新居で10人ぐらいでわらわらとご飯とお酒を飲みながら前回の勉強会で分からなかった部分の復習や説明、を中心にやりました。

I先生はじめ、病院の先生方には2,3年前の会場が小さい頃から来て頂いていたんですが、最近は人数も増え、なかなか密に関われず、申し訳なかったのでもし時間があれば…

ということで水曜の夜に話しを持ちかけました。

なんで週末の金曜の夜にこんなに暇なんだ?!(笑)
ってぐらい集まりました★

人数が少ないので
一人ひとりの先生の疑問に少しは答えられたかと思います。

姿勢を評価する時にどこを診るのか

それをどう解釈するのか

それをどう治療に活かすのか

について
筋や骨のアライメント、core muscle、支持面との関係、
注意と感覚、body image/motor image、被検者の訴え・感触…
などなどの視点から
色々考えられますよね~

って感じで実技中心にやりました。


それぞれの先生の臨床の少しでもお役に立てれば…
と思います。

一つの視点では説明がつかなくても
また別の見方をすれば道が少しでも開けるかも?

なんて風に思ってもらえれば結構です。


でもすごい良いメンバーでした。
一年目の先生も遠慮なくどんどん質問してくれたり、
意味分かんない、ってことをしっかりアピールしてくれたり…

すごく良い時間でした。

I先生、また是非ぜひやりましょう★
そして来てくれた先生方、ピザとジーマごちそうさまでした!!

昨日みたいな雰囲気で
Bridgeもやれるようになると…
なんて思いました★


人数も増えてきたので3年目以上の先生は
facilitator(手助けする人)

として、どんどん活躍してもらいます。


先生方の考えてることを後輩の先生にどんどん伝えて下さい!

きっと患者さんに伝える時にも
役立つはずです★

関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。