スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9月の勉強会決定!テーマは姿勢★

勉強会のテーマ、日程が決定しました

テーマ

姿勢の再考 ー 運動療法の効果をより高めるために

日時

9/14(日)9:30〜受付、10:00開始


会場 ー いつもと違う会場(すぐ近くですが…)ですのでご注意ください!!

刈谷市産業振興センター(◀︎会場のアクセスはこちらをクリック)

603会議室



10:00ー12:00 
 講義 良い姿勢とは何か?身体各部位の役割を考える

13:00ー16:00
 実技 姿勢から運動を考える、姿勢から運動を変える



定員 30名 → 40名 (参加者多数のため増員!!)


【参加の受付方法】

ブログ左上の「管理人にメール」より

件名:9月 Bridge参加希望

と書いて、

本文に
・氏名(ヨミガナ)
・職種
・経験年数(○年目)
・所属

★メールアドレスはパソコンのアドレスでの登録をお願いします!
(エラーになり受付のメールが届かない場合があります)

を記載し送信して下さい!!
(複数名の記載も可能です)

今回も先着順とさせて頂きます。

参加の受付の返信メールは
数日分まとめて行うため、
数日空くこともありますが、
ご了承下さい。
**********




今回のテーマは姿勢です。

だからといって姿勢を良くしようということが目的ではありません。

人それぞれに姿勢は異なります。

円背であったり、がに股(自分もです)であったり…


でも
スーパーや街を歩けばそのような方は沢山みますよね。

もちろん腰痛や肩こり、あるいは膝の痛みを抱えている方もいるかもしれません。

多くの方はアライメントに何かしら問題(円背やがに股)があっても、
何不自由なく生活しています。


逆に臨床現場において、
アライメントを修正し、見かけ上のアライメントの変化がみられたとしても
必ずしもパフォーマンスが向上するとは限りません。

時にパフォーマンスが落ちることさえあります。


いわゆる健常と言われる人でも
患者さんや利用者さんでも
同じ姿勢の人はいません。


見かけの姿勢の良さ ≠ パフォーマンス

ではないようです。


では良い姿勢とは、結局なんでしょうか?

自分の考えは、身体各部位が果たすべき役割を果たせること

です。



分かるような、分からないような…感じですよね。

これを当日の講義・実技の中で皆さんに伝えられたらと思っています。



あともう一つ、姿勢をテーマにしようと思った理由が副題にあります。

運動療法の効果を高める

ということです。


何か課題を行う際に、患者さんがどんな姿勢をとっているのか?を

意識しているセラピストの方が意外に多いのでは…?と感じています。

倒れそうなのを、必死にこらえている状況で、
何か課題を行ったとして、

その課題の中から何か学習できるでしょうか?

ただ倒れないように頑張る、ことが課題の目的になってしまう場合もあるのではないでしょうか?

課題の目的に集中するための準備として

姿勢を考える必要もあると思います。

リハ室でのプラットホームやベッド上での
背臥位での運動はともかく、
(でも背臥位でもリラックスして寝られない人も多いですよね)

日常生活での動作は座位、立位、歩行といった
重力下で姿勢を保持しながら
二重課題、時には多重課題を同時に要求されます。

つまり動く上で姿勢の保持ができる、ことが大前提になるんです。


その姿勢というのをもう一度、考えなおすきっかけになればと思っています。


最後に、勘違いして欲しくはないのですが、
姿勢を良くする、ことが悪いと言いたいわけではもちろんありません。


身体の果たすべき役割を果たせるようになった結果、
姿勢は良くなります。

その役割を再獲得しないまま、
見た目だけを良くしても、
患者さんにとって、生活が良くなることにはなっていないんじゃないか?

という問題提起です。



ではではまだ3ヶ月先ですが、

ご興味のある方のご参加をお待ちしております★
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。