FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

内臓と横隔膜と冷え性

とある男の陰謀で内臓の勉強をはじめた私、34歳。

まぁ初めはよー分かりませんでした。

膵臓やら、胆嚢やら…
国家試験やら解剖学のささやかな記憶しかなく、
名前は知っていても場所は曖昧。

まぁ懲りずに自分の腹やら嫁やら子どもやらを触っているうちに
少しずつ分かってくるようになるもんで。


やっぱり数ですね。


そして最近、
嫁が
「腰がいてーー、腰をもめーーー」

仕事帰りの私に
指令が出てきたわけです。

痛い場所を聞くと腰椎の辺。

でも筋を触れてもそれほどカチカチな訳でもなく、
圧痛もない。


そして天邪鬼なわたしは
極力腰を触れずに、
腰痛を消してみたい。


そこで嫁に
「じゃあ上に向いて寝て頂いてもよろしかったりするでしょうか?」

と仰向けになって頂く訳です。

じゃあせっかくなので内臓を考えたアプローチでもしてみようかと。


まぁ色々見ていくと、
胸郭がほとんど動かないんですね。

腹式呼吸もちょー下手。

横隔膜の動きが悪く呼気で十分に上がり切らない…

そのため、内臓が下に下がり、胃下垂にもなり、腰椎が内臓の重みで前下方へと引っ張られているために腰部にストレスがかかってるんじゃないかと。

また腰椎が前下方に引かれ続けていることで
大腰筋の硬さもあるんじゃ?という予測も経ちました。

横隔膜の後方では大腰筋との筋膜連結があるとかないとか、
何か筋連結の本やらで読んだこともある気がしたので、


呼吸に合わせて横隔膜の上方への動きを引き出すことで、
大腰筋のストレッチにもなるんじゃないかと予測を立てたわけです。

んで実践。5分くらい。


結果、その後立ってもらって痛みの出る動作を確認して頂く。


「すげー、痛くねー、じゃあ褒美に夜ゴハンを食わせてやろー」

と美味しい夜ご飯にありつけた訳です。



ちなみに嫁は冷え性と便秘もあるんです。

色々勉強すると
右の横隔膜の下には肝臓があり、
内臓は平滑筋による不随意の収縮と呼吸による横隔膜の上下運動による内臓そのものの移動や周囲臓器の圧迫により運動や血流を作り出すようです。

つまり横隔膜がしっかりと動かないと内臓も働きにくくなり、便秘にもつながるとのこと。

また横隔膜には穴が空いており、そこに血管が通ってます。

横隔膜が硬かったり、動きが悪いとその部分の血流も流れにくく、下肢への血流も悪くなるんじゃないかと予測が立つ訳ですね。呼吸に伴う腹部臓器の動きの悪さも下肢への血行を悪くしている要因となるんでしょうが。


今まで、筋と骨ばかりで考えてましたが、
内臓も考えると、
これまで結びつけていなかった様々な症状や不定愁訴にも対応できる予感がしてます、勝手に。

陰謀を企てた、相棒ありがとう。
嫁ありがとう。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

Bridge管理人(小松 洋介)

Twitter:@bridgeaichi

Bridge代表講師

愛知県の総合病院(療養➔回復期➔急性期➔訪問)➔回復期病院を経て、H26年1月より、名古屋にてキョーワ訪問看護リハビリステーションにて勤務している11年目の理学療法士(PT)です。

1,2ヶ月に1回、愛知県刈谷市を中心に勉強会を開催しています。
また年に数回、外部の病院やリハの団体からお呼びいただき、勉強会(実技を含めた)を行わせていただいています。

・知識を臨床につなぐ(実践能力の向上)
・他の病院・施設のセラピストとの出会い(ディスカッションを通じて新たな視点と技術の発展)
の架け橋になれればと思います。

そして、患者さんの思いに立て、
世の中に、患者さんに、職場や他のスタッフに
求められるセラピストがたくさん増えるためのお手伝いができればと思っています★

ご意見やご質問、臨床のお悩み、
勉強会の依頼など、何でもお気軽に
ブログの左側にある「管理人にメール」よりご連絡ください!

どうぞ、よろしくお願いします。

セミナー情報、講師・コンサル依頼はこちら!


Bridgeオフィシャルウェブサイト
(↑クリックにてリンク)

セミナー講師・コンサルティングの
ご依頼はサイト内の

「REQUEST」・「CONTACT」

よりお願いします★

募集中のセミナー

9/6(日)

「聴く」・『効く』
「見せる」・『魅せる』プレゼンテーションセミナー


講師:亀田祐旭(亀田整体室 代表)
   小松洋介(Bridge代表講師、寄り添い屋)

詳細・申し込み(クリック)

今後のセミナー情報

Link第二期は

1月中〜下旬の土日連続+2月の日曜の計3回!!

募集開始は8〜9月予定★

メーリングリスト登録者、先行予約あり!!

【メーリングリストの登録は】
60303523@ra9.jp
へ空メールをお願いします★

全記事表示

全タイトルを表示

管理人にメール

勉強会の参加受付、管理人に質問、ご意見などはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QRコード

スポンサードリンク

FC2カウンター

メーリングリスト登録希望の方

勉強会の予定などを配信します! 60303523@ra9.jp
へ空メールをお願いします★

管理人の講演予定

9/18(金)名古屋

テーマ
「ST限定!!嚥下のための姿勢の評価と姿勢改善のためのアプローチ」

19:15~20:45
場所:協和ケミカル株式会社 本社ビル6階
定員:20名(満員御礼!!)

申し込みは↓↓↓
ST限定セミナー詳細・申し込み


10/18(日)東京

テーマ
「脳卒中後の体幹の安定性向上のためのアプローチ」

10:00-16:00
場所:STROKE LAB(東京都内)
定員:12名(残り5名)

申し込みは↓↓↓
STROKE LAB体幹セミナー詳細・申し込み

フリーエリア

管理人のつぶやき

プロフィール

Bridge管理人(小松 洋介)

Author:Bridge管理人(小松 洋介)
Twitter:@bridgeaichi

Bridge代表講師

愛知県の総合病院(療養➔回復期➔急性期➔訪問)➔回復期病院を経て、H26年1月より、名古屋にてキョーワ訪問看護リハビリステーションにて勤務している11年目の理学療法士(PT)です。

1,2ヶ月に1回、愛知県刈谷市を中心に勉強会を開催しています。
また年に数回、外部の病院やリハの団体からお呼びいただき、勉強会(実技を含めた)を行わせていただいています。

・知識を臨床につなぐ(実践能力の向上)
・他の病院・施設のセラピストとの出会い(ディスカッションを通じて新たな視点と技術の発展)
の架け橋になれればと思います。

そして、患者さんの思いに立て、
世の中に、患者さんに、職場や他のスタッフに
求められるセラピストがたくさん増えるためのお手伝いができればと思っています★

ご意見やご質問、臨床のお悩み、
勉強会の依頼など、何でもお気軽に
ブログの左側にある「管理人にメール」よりご連絡ください!

どうぞ、よろしくお願いします。

カレンダー

05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

管理人の本棚

仕事が楽しくなる名言集


presented by 地球の名言

スポンサードリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。