スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8/29Bridge勉強会「腰痛を姿勢・運動から考える」参加申し込み開始!(申し込みは記事の中にあります)

8月のBridgeの開催日程が決定しました!

テーマは腰痛です。

痛い所をマッサージ…それでも一時的には軽快しますが、また時間が立つと戻ったりと再発を繰り返すことも少なくありません。

痛い部分だけを見て、アプローチをするだけでは、多くの場合失敗します。


なぜ、その部分が痛くなるのか?なぜその部分にストレスがかかるのか?

それはその人の姿勢や運動の中でどこに現れているのか?

腰痛、というより

体幹機能

基礎的な部分を学ぶ良い機会にもなると思います。


健常人の体幹機能を評価し、
上手く使えていない部分を見つけ、さらに使えるようにする。


それは腰痛の方のみならず、
脳卒中や不全の脊髄損傷の方など、
体幹機能不全をもった方への評価・介入にも

きっと役に立つと思います★


体幹ってあんまり分からないな。

患者さんだけでなく、
家族やスタッフに腰痛のある人がいるけど何かできないかな?

そんなことを考えているセラピストの方、
是非是非お気軽にご参加くださいね★


お申込みはこちら
↓↓↓↓↓

8/29 Bridge腰痛勉強会 参加申し込み


勉強会概要***************

●テーマ:

腰痛を姿勢・運動から考える
〜評価・治療・再発予防〜



●日時:

8/29(土) 10:00-16:00(受付開始9:30〜)

●会場:

 刈谷市産業振興センター 603会議室 (クリックするとリンクにつながります)

●参加費:

今回の勉強会はグループ割引きがございます。
 1~5年目の経験の方で、2人以上のグループで
 申し込んで頂くとグループの人数により割引が適応されます。

1人   :4,000円(割引なし)
2人   :3,500円(500円割引き)
3人   :3,000円(1,000円割引き)
4人以上 :2,500円(1,500円割引き)


●内容

あなたやあなたの周りに腰痛で困っている人はいませんか?

腰痛は、生涯で成人の約80%が経験すると言われ、画像診断と症状が一致しない非特異的腰痛が多くを占めると言われています。
患者は腰部・下肢に痛みや痺れといった症状がみられ、動作、生活、心に影響を及ぼしています。
しかし、患者の主訴の局所に必死にアプローチしてもなかなか結果が出ないことも多いのではないでしょうか?


腰痛は、椎間板・椎間関節・仙腸関節といった局所の機能障害だけが原因ではなく、頚椎・胸椎・股関節・足関節など他の部分の機能障害に関連していることも多くあり、臨床像が複雑です。

患者の身体の使い方、異常な姿勢アライメント、生活習慣が改善しなければ根本的な治癒は難しく再発を繰り返してしまいます。



●今回のセミナーの目的

◎腰痛を姿勢・運動から考え、仮説・検証・介入・効果判定までのプロセスを理解し、実践できるようになる。

◎再発予防のために患者の自己管理能力を伸ばすコツを理解し、実践できるようになる。


●対象

◎整形外科クリニックで腰痛を呈した患者の原因を絞れず悩んでいる方や、生活指導や自主トレ指導の方法に悩んでいる方。

◎回復期や慢性期で、主疾患の影響で腰痛を呈している患者の対応に悩んでいる方。

実技・グループワークを多く取り入れる予定です。他者の視点を得るとともに、自分の考えや日々の臨床をアウトプットし、参加者全員が成長できるセミナーにしていきたいと思っています。

ご興味のある方は、是非ご参加下さい。

なかざわ記念クリニック
理学療法士
小瀬 勝也


お申込みはこちら
↓↓↓↓↓

8/29 Bridge腰痛勉強会 参加申し込み
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。