スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

多数のご参加…

自分が不完全であることを
認める勇気が必要だ。
人間は不完全だから努力するのである。
        
      アルフレート・アドラー(心理学者)


昨日は20名を越える多くのご参加、
本当にありがとうございました!


初めてご参加して頂いた先生も多数みえました!
また感想やご意見をブログにコメントなり、
管理人にメールなりして下さると
ありがたいです★


今回はグループディスカッションが中心で、
他の病院の先生方と色々お話しでき、
色々な考え方や他の先生などから刺激を
受けつつ、与えつつ
”こんな奴がいるのか”と
やる気につながってもらえれば
大成功かなと思います。

あとは自分の足りないことに気づいてもらえれば、
と思います。自分も含めてですが★

こんな風にも考えられるんだな、とか
こうゆうの勉強しないといけないな、とか
それぞれの先生方に何か一つでも
やる気のスイッチが入れば良かったな、
今日からの臨床での評価やアプローチで
何か意識して観たり、触れたりできれば
最高ですね!
と管理人としては思う次第です。


ということで、来月は
”肩の機能解剖”
でやっていきましょう★

昨日も感じたと思いますが、
全体を見ていくためには、身体の個々の部分を
詳しく知っておいて損はありません。

昨日終わってから、一緒に帰ったN先生と話しましたが、
”PTは肩に興味あるのかしら?(笑)”
なんて軽い疑問が浮かびましたが…

じゃあどうせなら、立位・歩行に関する
肩の役割、とかも織り交ぜられたら
いいよね、とか思ったり…

肩を考えていくことで、他の関節にも当てはまる部分も
多々あると思いますし…

触診も、できるだけ臨床的に、
ただ触れるだけでなく、
動きが感じられるように、
なってもらえるような勉強会にできれば
と思います★


また参加可能な日を
”右上の管理人にメール”から
教えていただけると非常にありがたいです。
一番参加できる先生が多そうな日に
決定したいと思っていますので★
ついでに質問や
勉強会でこんなんやってほしいとか
昨日の感想とか意見とか
何でも遠慮なく送ってくださいませませ☆
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。