スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新しい力

ここまでしかできないといった
頑固な固定観念を持っていると、
壁を破り、一線を越えて
成功にいたることができなくなります。
           
        稲盛和夫(京セラ創業者)



おはようございます。本日は珍しく休日にお休みの管理人です!

勉強会が終わってから若い先生から
感想や質問、それぞれの先生の治療に対する
お考えなどをメール頂き
本当にありがとうございます★

極力速くメールをご返信できれば
と思いますので!


ついに出ましたね~

アナトミートレインの和訳↓↓



勉強会に参加された先生の中でも
ご興味のある先生がいらっしゃったので★

ただ現在英語の2版が出たようで、
すこし内容に変更があったようです…


それぞれの筋肉を一つ一つ分けて考えるだけでなく、
筋膜のつながりにより連結している筋により
全身のつながりを考える。

今回の勉強会でもお伝えした
ただ障害部位だけでなく
障害部位とその他の身体部位との関係性…
を考える上でも
一つのツールになるんじゃないかと
思います★

次回の肩の勉強会でも、

肩には脊椎(頚椎~腰椎)・鎖骨・胸郭・肩甲骨・上腕骨・前腕までが
筋や靭帯を介して結びついています。

非常に複雑なつくりですね…

逆に考えるとそれらのどこかに問題が出てくれば
肩の健常な機能に影響を及ぼすとも考えられます。


そんなことを色々考えれば、一般的に発症メカニズムが
はっきりしていない五十肩、を考える上での
ヒントがみつかるかもしれません。
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。